2006年11月29日

ザウルスの終焉?

MobileNewsの山田さんのblogにて、シャープのZaurusシリーズの終焉が予想されている。
http://d.hatena.ne.jp/yamadaatmn/20061120/1164035040

Zaurusは、かつての電子手帳の親戚から、様々な変遷を経て、極めて特異なマシンへと進化した。
Zaurusの最終形態は、PDAにとどまらない、超小型PCと言っても差し支えないLinuxマシンである。HDDやUSBホストを搭載し、SDカードやCFの通信カードも挿さる。高精細なVGA液晶を持ち、使いやすいQWERTYキーボードも付いていて、CPUは416MHzで動作する。Linuxマシンゆえ、FirefoxなどのデスクトップPC用ソフトウェアやhttpsなどのサーバ用ソフトも、有志が工夫して動かしてしまう。
しかもこれがポケットに入るサイズで、サッと取り出してすぐに使える程に俊敏で、電池も2〜3日持つ。この形で商品化されたことが奇跡のようなマシンである。

しかし、あの巨大な家電販売店であるヨドバシAkibaでさえ、Zaurus販売コーナーは見つけるのが困難なぐらい小さい。マニアには受けても、一般受けはほとんどしていなかったということである。
このZaurusの開発部隊の吸収先とされている部署を見ると、Zaurusに足りなかったものがわかるような気がする。電子辞書→機能を限定することによる分かりやすさ、携帯電話→馴染みやすい操作性とUI、スマートフォン→通信・通話機能と、OSの水平分業によるコストダウン。

Zaursuで培われた技術やノウハウは、これらの売れ線事業でも生かされることだろう。シャープのワンセグ対応電子辞書"Papyrus"は、外見や筐体のギミックがほとんどZaursuと同じだし、WillcomのスマートフォンW-ZERO3のハードウェアはかなりZaurusに近いらしい。
Zaurusファンとしては無論、自由度が低い電子辞書や携帯電話には興味がなく、傍系の子孫としてのW-ZERO3に期待していくしかないだろう。しかし、スマートフォンも所詮は電話機+PDAでしかなく、“ポケットサイズなのに実用的な超小型PC”というジャンルは、HP200LXに始まり、Zaurusとともに終焉することになる。
とても残念である。

--

ところで、Zaurusの使命の一つであったPIM機能(予定、アドレス帳、ToDo、メモの管理)については、最近になって新しいスタイルが普及しつつある。

かつてのPI-Zaurusは、全てをZaursuの中だけで管理していた。PCとの連携はBackup目的である。
その後のPDAであるPalmでは、PCのPIMソフトと同期できるようになった。PCとPDAは定期的にPIMの内容を同一にできる。Symbian、WindowsMobileのスマートフォンや現在のSL-Zaurusも、基本的にはこの路線である。

ここに、最近はWebのPIMサービスと同期できる無料サービスがいくつか登場してきた。WebのPIMサービスとして最も人気のあるGoogleCalendarとの同期が簡単にできてしまい、とても実用的である。Googleに限らないなら、アドレス帳やToDoも日本語で同期可能なサービスも存在する。いずれはGoogleがPIM全般のサービスを開始し、スマートフォンのPIMデータが定期的に同期されるようになるだろう。
もう同期だけのためにOutlookをインストールする必要も、MacユーザーだからといってWindowsMobile搭載機器を躊躇する必要も無くなる…といいのだが。
posted by UMMO at 02:46| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | モバイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月22日

Zaurusと京ぽん2でBluetoothダイアルアップ #3

前のエントリの続き。

前回の記事の
(3) サスペンド後にBluetoothアダプタを認識しない。
が、どうにもうまくいかないので、bluezを入れ替えてみることにした。

再びSomething Interesting Archivesさんのところのパッケージ類を入れる。以前にこれらのパッケージでダイアルアップできなかったのは、過去のエントリ: リナザウでVPNを試みる #1でpppdを入れ替えたのが原因と推測される。故に、ことのときに導入した ppp-mppe_2.4.0-mppe-1.0_arm.ipk と mppe-modules-1_arm.ipk をアンインストールし、さらに bluez_zaurus_2.12_2.4.20_alpha4_arm.ipk もアンインストールした後に、BlueZのセットアップからダウンロードできる最新のbluez関連パッケージをインストールした。

Bluetooth Dialup Network Pluginもインストールし、説明通りに設定すると、一発でZaurusよりBluetoothでダイアルアップできた。なんだよ、目茶苦茶すんなりいくじゃん。前の苦労はなんだったんだよ…(もちろん、pppdを入れ替えていたことを失念していた自分のせいです)

さて、サスペンド・レジューム後のBluetoothアダプタ再認識だが、上記サイトのコメント欄では以下のような書き込みがあった。

サスペンドとリジュームに関してですがsocketなどのCFでuart接続の物に関しては/etc/pcmcia/bluetoothのsuspend_serial()とresume_serial()の中身のコメントアウトをはずせば、リジューム後も動き出してくれるようです。

やってみると、なるほど、ほぼ確実にレジューム後に再認識する。しかもサスペンド/レジュームの制御ツールを使っていた時よりも、全然早く(レジューム後2〜3秒で)bluetoothが使えるようになる。

また、ダイアルアップ後の通信速度も、明らかに bluez_zaurus_2.12_2.4.20_alpha4_arm.ipk よりも速い気がする。CS64CFを使って有線で京ぽんと繋いでいたものより、ちょっとだけ遅いかな。全然許容範囲である。圧縮プロキシを通せば全く実用的にWebできる。元々同じコードを使ってパッケージ化してあるはずだが、こんなに違うものなのかな。

唯一残念なのは、ダイアルアップ後に自身のIPアドレスやDNSのIPアドレスが確定していないのに通信中のステータスとなってしまうことである。これまでの癖で、ダイアルアップ後にすぐbookmarkをクリックしてしまって、アドレスが見つかりませんエラーを出してしまうことがある。

とりあえず、これによって前回の(1)〜(4)の問題点と、通信速度の問題は解決できた。これにより、Zaurusと京ぽん2によるBluetoothダイアルアップ接続がかなり実用的になった。今後もこのやり方で続けていきたいところであるとともに、ようやくW-ZERO3への未練を断ち切ることが出来そうである。
posted by UMMO at 01:42| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | モバイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月10日

Zaurusと京ぽん2でBluetoothダイアルアップ #2

前のエントリの続き。

これまでに導入した全てのbluetooth関連のパッケージをアンインストールし、OE Forumsからbluez_zaurus_2.12_2.4.20_alpha4_arm.ipkをダウンロードしてインストール。このパッケージだけで、ノーマルカーネルでもBluetoothが使用可能になるらしい。

ここで赤外線ダイアルアップ設定を書き換えたもので試してみると、見事DUN接続が開始され、PPP接続できた!やれやれ、これでとりあえず、当初の問題は達成できた。

とはいうものの、いくつか問題点が残った。
(1) やはりBluetooth Dialup Network Pluginでは接続できない。
(2) Something Interesting Archivesさんのパッケージでは接続できない。
(3) サスペンド後にBluetoothアダプタを認識しない。
(4) 接続に失敗すると、赤外線ポートが使用中と表示され再度ダイアルアップできない。

(1)(2)は、Something Interesting Archivesさんのところのコメント欄で相談させていただいたところ、pppdを入れ替えていないかと指摘された。あっ、そういえば、過去のエントリ: リナザウでVPNを試みる #1でpppdを入れ替えたよ!すっかり忘れていた。たぶんこれが原因。相談に乗っていただいた皆様、ありがとうございました。

(3)は、りなざうテクノウさんのところで公開されている制御スクリプトで解決するのが唯一の手段っぽいけど、うちの環境だとよく失敗する。あるいはレジューム後1分ぐらい経たないと再認識しないなどの問題がある。もっとも、そういうときはCF取り出しを実行し、カードを抜き差しすれば再認識するが、ちょっと面倒だ。引き続き試行錯誤したい。

(4)は、赤外線通信を使用する別のプログラム(たとえばアドレス帳)から赤外線通信を実行し、中断すると、またダイアルアップできるようになる。まあ、これはそんなに頻繁に起こるわけではないので、これでも問題ないかな。

Zaurusと京ぽん2でBluetoothダイアルアップ接続をするという目的は達成できたが、これまで使っていたCS64CF+京ぽんでの通信より結構遅い気がする(両方とも32Kbpsパケット通信)。また、ダイアルアップ開始してからWebにアクセスできるまで、30秒ぐらいかかる(Bluetoothのペアリンク確立からダイアル、DNS確定完了するまで待たされる)。そしてもちろん、無線ゆえの通信の不安定さや、接続のたびに京ぽん2をBluetooth待ち受けにする手間もある。

そういう欠点と、“ケーブルレス”という利便性をトレードオフ出来るかというところであるが、現時点ではまだ判断はつきかねる。もう少しBluetoothで使ってみて、我慢ならないようなら、またCS64CFでケーブル接続に戻るか、いっそZaurusも京ぽん2も辞めてW-ZERO3に乗り換えるか…
posted by UMMO at 02:25| ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | モバイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Zaurusと京ぽん2でBluetoothダイアルアップ #1

昨年末に、京ぽん2ことWILLCOMのWX310Kと、Socket社のCFタイプのBluetoothアダプタを購入した。SocketはeXpansysで輸入代行。SocketのCF Bluetoothアダプタは様々なバージョンがあるようだが、到着したのはRev2.5というやつだった。

この組み合わせで、Bluetoothによるダイアルアップが実現するまでの経緯を記す。同じ状況で躓いている人がいるなら、参考になれば幸いである。ちなみにZaurusはSL-C760にspecial kernel(v14e)を入れたものである。


まず、Something Interesting ArchivesさんのBlueZのセットアップ、およびBluetooth Dialup Network Pluginにあるパッケージを説明通りにインストールして設定してみた。しかしダイアルアップはおろか、京ぽん2とのDUN接続すらできない。りなざうテクノウさんの、このページを参考に、赤外線ダイアルアップ設定を修正する方法も試してみたが、結果は同じ。パッケージが足りないのかと思い、こちらのページにあるパッケージを色々とインストールしたり、他のサイトで紹介されていた bluez-csr-serial_0.1_arm.ipk なんかも入れてみたけど、状況は変わらず。早くもお手上げ。

一つずつ状況を整理してみる。
まずrootからBluetoothアダプタを認識しているかどうか確認。

# cardctl ident
Socket 0:
product info: "Socket", "CF+ Personal Network Card Rev 2.5"
manfid: 0x0104, 0x0096
function: 2 (serial)
Socket 1:
no product info available


問題なし。
次にドライバからデバイス情報を取得。

# hciconfig
hci0: Type: UART
BD Address: 00:C0:1B:07:FC:37 ACL MTU: 340:4 SCO MTU: 64:10
UP RUNNING PSCAN ISCAN
RX bytes:251 acl:0 sco:0 events:12 errors:0
TX bytes:497 acl:0 sco:0 commands:12 errors:0


これも問題なし。というか、これに至るまでに躓くもとが多いようなのだが、先達の功績により、ここまでは問題なく進んでいる。

そして京ぽん2をDUN待ち受けにし、Zaurusから検出してみる。

# sdptool search DUN
Inquiring ...
Searching for DUN on XX:XX:XX:XX:XX:XX ...
Service Name: DUN
Service RecHandle: 0x10000
Service Class ID List:
"Dialup Networking" (0x1103)
"Generic Networking" (0x1201)
Protocol Descriptor List:
"L2CAP" (0x0100)
"RFCOMM" (0x0003)
Channel: 1
Language Base Attr List:
code_ISO639: 0x656e
encoding: 0x6a
base_offset: 0x100
Profile Descriptor List:
"Dialup Networking" (0x1103)
Version: 0x0100


ちゃんと見つかる。京ぽん2のchannelは1というところも設定と合っているはず。
ではDUN接続を。

# rfcomm connect /dev/rfcomm0

これで京ぽん2側はDUN接続中となり、成功した。
この状態でダイアルアップ(赤外線設定修正)を行うと、ちゃんとPPP接続できた。しかしBluetooth Dialup Network PluginではPPP接続できず。

ここまでの結果で、ちゃんとダイアルアップできるのだが、その前にDUN接続が自動で出来ていないことが判明した。この後も色々と試行錯誤したものの、埒が明かないので、パッケージを変えてみることにした。

この話題は、もうちょっとだけ続くのじゃ。
posted by UMMO at 02:24| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | モバイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月26日

動画再生 携帯電話 vs Zaurus

妻の携帯電話を機種変更した。
妻が操作感とデザインで選んだのは、W31CA。2年前のA5401CAから、一躍auの最高機種である。3メガピクセルのデジカメ、ワイドQVGA液晶、Operaブラウザ内蔵…
昨年末、TalbyW21CA(このW31CAとほぼ同型機種)を比較して、大きさと重さでTalbyを選んだ私にしても、この強力なスペックは激しく羨ましい。羨ましいので、いろいろといじらせてもらった。

ワイドQVGA液晶と強力なマルチメディアエンジンによる動作再生も、W31CAの売りである。400*240ピクセルのフルスクリーンムービーを15fpsでコマ落ちなく再生できるという。さっそく携帯動画変換君で動画ファイルを作成し、miniSDカード経由で再生してみた(“W21CA向け設定”のQVGA最高画質を使った)。

むむむ、綺麗ではないか。たかだか1万5千円で買った端末(auポイントを使ったので1万円割引されている)で、ここまで綺麗に再生できるとは。というか、私のZaurusで再生しているよりも綺麗じゃないか?

軽いショックを受けたところで、本当にZaurusより綺麗に再生できるのか、調べてみた。

携帯動画変換君の設定ファイルを調べると、W21CA向け設定のQVGA最高画質モードは、
- 映像:MPEG4,14.985fps,992kbps
- 音声:AAC,48kHz,48kbps*2(stereo)
という設定だった。
Zaurusのmplayer向けにエンコードするときは、
- 映像:WMV,24fps,400kbps
- 音声:MP3,44.1KHz,96kHz,96kbps(monaural)
という設定をしている。
W21CAの方がフレームレートが少ないのに、時間あたりデータ転送量は倍もある。なるほどW21CAの方が綺麗に見えるわけだ。もしかしたらcodecやエンコードソフトの違いもあるかもしれない。

Zaurus用のエンコード設定を上記のようにしているのは、公村サポートサイトにMoviePlayerの再生可能条件が500kbps以下と掲載されているので、それに従った。しかしよく考えたら、これはノーマルカーネルと純正MoviePlayerの組み合わせにおいて、十分に再生できるというレベルの条件なわけだ。ハードの性能による制約もあるだろうけども、スペシャルカーネル+mplayerなら、もっと条件は上がるのではないか。

そこで試しに、上でW31CA用に作成した動画ファイルをZaurusのmplayerで再生してみたが、数秒再生しただけで終了してしまう。3gpの再生は無理なのかな?それともやはりZaurusには荷が重い転送レートなのか。
では携帯動画変換君の“AVIファイル, MPEG4一般設定”のQVGA高画質29.97fpsステレオでエンコードしてみる。これの設定は
- 映像:XviD,29.97fps,850kbps
- 音声:MP3,44.1kHz,64kbps*2(stereo)
850kbpsというと、前遜の500kbps以下という再生可能条件を大きく上回るが、ごくたまに引っかかるところがあるものの、難なくZaurusで再生できた。なんだ、できるんじゃん!

しかし、これでもW21CA用設定の転送レートより多少劣っている。しかもフレームレートが倍なんだから多少の画質の差は許容すべき範囲だろうというところで、納得することにした。少なくとも、これまでの400kbpsのWMVよりはずっと綺麗だし、変換作業も簡単で早い。今後はZaurus用にも、携帯動画変換君を使おうと思う。

ところで、ZaurusにおけるVGAサイズの動画は、実用的な再生は不可能だということがわかっているため、試していない。しかし携帯電話はともかく、3インチを超える画面を持つプレーヤーとしては、VGAサイズで30fpsの動画を再生できてほしいところ(まあ、動画プレーヤー専用機でもVGAではないのがほとんどだけど)。PDAでもVGA動画を30fpsで再生できる機種もあることだし、次期Zaurusでもこのレベルを目指してほしいものである。
posted by UMMO at 11:37| ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | モバイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月30日

らくがきザウルス

image/ummo-2005-03-30T12:46:55-1.jpgイメージノートを起動して、子供に遊ばせてみた。
マグネット式お絵描き玩具「せんせい」の小型版のような感じで遊んでいたが、四角や円のドローツールや、ペン色の変更などには、がぜん目を輝かせている。
うむ、もっと他のペイントソフトも入れておいた方がいいな。

何かの拍子にPIMソフトが起動して勝手に弄られるのが恐ろしいが…


posted by UMMO at 12:46| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | モバイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月27日

無線LAN集中スポット

ここのところ、CFカード型無線LANが極端な品不足にあるらしいが、幸いにもGW-CF11Hを安価で譲って頂けた。
早速、Kismet(無線LANアクセスポイントを検出するツール)をZaurusにインストールして(*)、職場の近所をウロウロしてみた。

職場のビルを出るやいなや、30個ほどのアクセスポイントが引っかかった。職場の周りは、この一年で高層マンションがニョキニョキ建ったエリアで、比較的若い世代の家庭が集中しているためだろう。

その大量のアクセスポイントのうち、WEPをかけていない、セキュリティの甘そうな所が半数以上(もしかしたらMACアドレス制限はしているのかもしれないけど)。ESSIDも、"default"とか、"warpstar"のような製品名、MACアドレスっぽい文字列(BUFFALO製品か?)といった、いかにも購入時から変更していないものがほとんど。他は"goalkeeper", "rx-78", "roadstar"のような、持ち主の趣味がわかるのもあった。
また、ESSIDが4桁の数字で連番になっている大量のアクセスポイントが見つかったりもした。この番号は部屋番号か?だとすると、無線LANを標準装備しているマンションがあるのかな?

しかし、こんなにWEPがかかってないアクセスポイントがあると、ちょっと接続したくなってくるな…しなかったけど。

* kismetのインストールは、ちと悩んだ。
Zaurus版kismetは、kismet本体とQtのインターフェース部の二つのプログラムで提供される。しかも、その組み合わせにはバージョンによる依存関係があるようだ。いくつか試した結果、kismet-zaurus-arm-2.6.0.tar.gz 〜 kismet-zaurus-arm-2.8.1.tar.gz とkismet-qt_2.0.0_arm.ipk の組み合わせで、問題なく動いている。(これらのバージョンのダウンロードは http://www.kismetwireless.net/code/old/ から)
また、kismet-qtは"ルート権限で実行する"のスイッチを入れておく必要がある(先にkismetコマンドを実行しておく必要はない)。
posted by UMMO at 12:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | モバイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月25日

リナザウでVPNを試みる #2

とりあえず、MPPEでPPTP暗号化されたVPNが確立できたようなので、あとは帳票Webサーバまでの経路を設定してみる。
まずはこの辺をみて、軽くrouteコマンドを勉強。
http://www.atmarkit.co.jp/fnetwork/netcom/route/route.html

ディストネーション(宛先)アドレスとサブネットマスク、ゲートウェイアドレス、インターフェースがわかればいいんだな。宛先アドレスは帳票Webサーバのアドレス、宛先はネットワークを指定するわけではないのでサブネットマスクは省略、ゲートウェイは、この場合はVPNサーバのアドレスになるのかな。インターフェースはppp1と。

route add [宛先アドレス] gw [ゲートウェイアドレス] dev ppp1

こんな感じのコマンドでルーティングテーブルに追加すると、帳票Webサーバまでpingが通った。先日参考にしたページによると、このコマンドは /etc/ppp/ip_up などに書いて自動実行するようにしておくと便利らしい。

さて、これで無事に帳票サービスをWebブラウザで開くことができた。しかし、あれ?JavaScriptがちゃんと動かないぞ…うむ、NetFrontだからなー。追記:
posted by UMMO at 21:52| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | モバイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月22日

リナザウでVPNを試みる #1

会社の伝票は、社内LANのローカルWebサーバで処理するシステムとなっている。私のように客先常駐している場合は、社内の誰かに代行してもらうか、VPNで社内LANに接続してシステムにアクセスする。
最近の常駐先企業は、セキュリティ上、外部のサーバにVPNなんて繋げさせてくれない。しょうがないから自宅のPCから繋げているわけだが、これがよく忘れる。なんとか勤務時間中にやってしまいたいところだ。
そこでリナザウの出番である。

まず自宅のWindowsPCでVPN接続し、プロトコルなどを調べてみる。どうもサーバもWindowsらしく、認証はMS CHARP V2、暗号化はMPPE 128、圧縮はMPPCとなっている。私の持っているSL-C760はVPN機能が標準で入っているはずなので、設定しようとするが、そんなプロトコルはメニューに無いではないか。どうも一工夫必要らしい。

http://blog.fancs.com/uchi/archives/000254.html
http://www002.upp.so-net.ne.jp/zry/Recommended/SLC700/pptp-mppe.html
などの説明によると、どうもpppdコマンドをインストールし、さらにカーネルとpppdにもパッチが必要らしい。
幸い、すでにスペシャルカーネルを使っているので ppp-mppe_2.4.0-mppe-1.0_arm.ipk と mppe-modules-1_arm.ipk をインストール。シェルスクリプトも書いて、サーバに認証させるところまでいった(ネットとの接続は、CS64CF+京ぽん)。

さて帳票処理用のWebサーバに繋げようと思ったが、繋がらない。pingも帰ってこない。そうか、ルーティングの設定も必要なのか。
Webを適当に検索してルーティングの設定方法を探し、やってみるが上手くいかない。うむむ、社内LANの経路情報を知る必要があるなぁ。
今日はここまで。

ところでこの方法だと、VPN使うたびにターミナルからsuしてスクリプト実行させる必要がある。標準のVPNのようにボタン一発で繋がるまでいかないにしても、もっと簡単にできる方法はないものか…
posted by UMMO at 02:42| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | モバイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。