2007年05月04日

MacBook Pro買った

MBP_2.jpg MBP_1.jpg

3年間使ったiBook G4からMacBook Proへ買い換えた。
今回はコストを抑えるため、AppleStoreの整備済製品として購入。だいぶ安く買ったつもりだが、当初想定していたスペックよりは高めのものになってしまった。

スペックは
- Core 2 Duo 2.16GHz
- ATI Mobility Radeon X1600 (128MB)
- DDR2 1GB
- Serial ATA HDD 120GB (5400rpm)
- 6倍速 2層式 DVD Super Drive
- 1440x900 picxel 15.4"液晶モニタ
- iSightビデオカメラ, DVIビデオ出力内蔵
- ExpressCard/34スロット, FireWire 800ポート等内蔵

MacBook Proは普段の私の用途からするとオーバースペックだが、ProではないMacBookにしなかった最大の理由は、画面の小ささにある。今使っているiBook G4が14inchのXGA液晶モニタなので、MacBookの13inchにサイズが縮んだ上に解像度が上がるというのは、メインマシンとしてはちょっと辛い(老眼?)。

最近のMacのカテゴリ分類では、MacBook ProはかつてのハイエンドモデルであるPowerBookの系統で、Proの付かないMacBookはローエンドモデルであるiBookの系統となっている。
今回はちょっと贅沢にMacBook Proにしてみたわけだが、やはりハイエンドモデルであるという違いを感じた。スペック上はGPUとビデオメモリの構成や、入出力ポート、液晶解像度程度の違いしか表れないが、製品としては個々の部材やデバイスに良い部品を使っている。特に液晶は顕著で、解像度以前に明るさと視野角がかなり違う。スピーカーの音質などでも感じる。反面、ポリカーボネートではなくアルミ筐体のために剛性が低かったり無線LANの感度が低かったりするし、HDDのメンテナンス性が低いという問題もある。不可解にも、ハイエンドであるのにハードウェアのトラブル事例はむしろ多かったりする。

性能面では、前がiBook G4 933MHzだっただけに、あらゆるものが高速で快適だ。ファイル表示やWebブラウズという些細な動作からも感じるし、映像処理系の重いアプリケーションならなおさらである。
特にiMovie、iDVD、iPhotoといったiLifeアプリケーションは、これだけのHDD容量とCPUパワーになってようやく使う気になってきた。iBook G4でもこれらを試したことはあったが、快適とは言い難くすぐに放り出してしまった。今はiLifeの洗練されたワークフローとデザインに感心しつつ、本来のAppleのアプリケーションが備える快適さを満喫している(しかし、これらのアプリを十分に活用するには1GBのメモリでは少なすぎることもわかってきた…)。

とにかく、この先数ヶ月でMacBook Proがフルモデルチェンジしても、この性能と価格を考えれば悔しがることはないと思われる。これだけのものを買ったからには、次の買い換えまでのサイクルは、従来よりも長めにしたいところである。
posted by UMMO at 00:00| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | PC・Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。