2005年05月20日

クイックガレージ秋葉原

昨年末、妻のiBook G4の光学ドライブに、子供がCD-ROMを二枚突っ込んでしまい(スロットローディングだから入っちゃうのだ)、詰まって出てこなくなってしまっていた。
どうせ保証外のトラブルだけど、放っておく訳にはいかない。この手のトラブルはドライブを取り出して強制イジェクトの穴を突くとかイジェクトの機構をいじるかすると治りそうだが、iBookの分解手順をWebで調べてみると、えらい複雑ではないか。自分のMacではないので、あまり無茶して壊すわけにはいかず、秋葉原のクイックガレージで治してもらうことにした。

クイックガレージはAppleやIBMなどのPCをその場で“対面修理”してくれるサービスで、急ぎの修理が必要な際には大変ありがたいサービスである。特に昔はアップルの正式なサポートサービスに位置づけられていたこともあり、修理拠点の少なかったMacユーザーの頼みの綱であった。私も学生の頃から何度かお世話になったものである。

Webにあった地図を頼りに探すが、結構迷ってしまった。建物外はおろか、ビルのエレベーターにすらクイックガレージの文字がないのである。
quickgarage_1.jpg
実は3Fのグローバルソリューションサービスというのがそうなのだが、AT&Tや日本NCRのサービスだったころのクイックガレージしか知らない私は、戸惑ってしまった。
3Fに上がって、はじめてクイックガレージの文字が。
quickgarage_2.jpg
他の地域のクイックガレージは何度か行ったことがあるが、秋葉原店は特にわかりづらいのう…

さっそく修理を申し込む。
もし部品交換を伴うなら5万円以上する(高!)が、そうでないなら1万2千円だそうである。むむ、昔は技術料は1万円以下だったような気がするが…
幸いにも部品交換は必要なく、1万2千円で済んだ。
quickgarage_3.jpg
動作確認のために起動されたとき、妻が設定している可愛いデスクトップピクチャと変な歌詞が書いてあるスティッキーズが表示されてしまって、恥ずかしかったのは内緒である。
posted by UMMO at 23:16| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | PC・Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。