2007年03月12日

コードレスなポータブルミュージック環境

iPod miniのバッテリーが持たなくなってきたこともあり、ポータブルミュージックプレーヤーの買い替えを検討している。

順当に行けばiPod nanoということになるんだけれど(妻の方はそうしたのだけど)、この機会にBluetoothによるコードレス化を実現したい。

今のところ考えられる選択肢は以下の3つ
(1) iPod買い替え+iPod用Bluetoothトランスミッタ+Bluetoothヘッドフォン
(2) Bluetooth対応携帯電話+Bluetoothヘッドフォン
(3) Bluetooth対応ポータブルプレーヤー+Bluetoothヘッドフォン

(1)の問題点は、iPod用Bluetoothトランスミッタの電源問題だろう。iPodから電源を供給するタイプはただでさえ短いiPodの稼働時間を一層縮めるし、独自にバッテリーを持っているタイプは個別に充電が必要になる。また、個人的にはiPod+iTunesというシステムに飽きているというのもある。

(2)をauで実現しようとすると、SCMS-T対応のBluetoothヘッドフォンが必要になり、現状ではほとんどのBluetoothヘッドフォンが対応していない。DoCoMoやSoftBnakのBluetooth対応携帯ではSCMS-T対応の必要はないが、いずれも別途microSDカードは必要だし、MP3を直接コピーして聞けるわけでも無く、MNPを行ってまで機種変更するほどではないかな。(なにしろ、職場ではSoftBnakの電波が入らない!)

(3)の問題点はBluetooth対応ポータブルプレーヤーが存在する否かにかかっているが、StormBlue A9+という、なかなか筋の良さそうなプレーヤが日本で販売されていることを知った。韓国の製品だが、ちゃんと日本語にも対応し、日本語マニュアルも入手できるようだ。

ということで、わが家にもいくつか存在するiPod生態系が使えなくなるなどのリスクはあるものの、(3)で行こうと思う。

となると、あとはBluetoothヘッドセットを決めるばかりだ。
(Bluetoothヘッドセットの一覧は次のエントリに移動しました)
posted by UMMO at 00:38| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | デジタル小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。