2006年06月21日

W-ZERO3で動画再生

私のPDAの使用目的のうちトップ3は、Webブラウズ、動画再生、マンガ読みである。この三つだけでPDAの使用時間の9割にはなると思う。この三種の全てにおいてW-ZERO3がZaurusを上回ったため、全体的な完成度を犠牲にしてでも機種の乗り換えを決心したと言っても過言ではない。


この中の動画再生について。

これまで使っていたZaurus(SL-C760)では、最も最適化された状態(カーネルをスペシャルカーネルに入れ替え、クロックアップし、内蔵グラフィックアクセラレータを有効にできる再生ソフトmplayerを使用)でも、
 映像:QVGA, XviD, 29.97fps, 850kbps
 音声:MP3, 44.1kHz, 64kbps*2(stereo)
あたりが限界だった。VGAサイズでの再生はとても望めない。 →過去のエントリ
(ただし、SL-C3000以降の機種なら、もう少し動画再生能力は高い)

一方、W-ZERO3と再生ソフトTCPMPの組み合わせだと、
 映像:VGA, XviD, 29.97fps, 1Mbps
 音声:MP3, 44.1kHz, 64kbps*2(stereo)
が何の苦もなく再生できてしまう。VGAで1Mbpsというと、PCで再生する目的でエンコードされたTV番組の映像なら、ほぼ再エンコード無しでも大丈夫ということである。もし再エンコしたとしても、このビットレートなら、かなり動きがあるシーンでも破綻は少なく、グラデーションの潰れも少ない。
前回の日記の写真は『涼宮ハルヒの憂鬱』のOPを再生しているのだが、あの動きの激しいシーンがVGA解像度のままでも大きく荒れることなく再生できているのが素晴らしい。最近のポータブル動画プレイヤーに匹敵する。

TCPMPはプラグインによって様々なCodecに対応できるのだが、最新のCodecであるH.264 AVCのプラグインもある。つまり、これを使用すると、iPodやPSP用の映像もそのまま再生できるということである。

ちなみにH.264 AVCでエンコードすると、Xvidの時の半分のビットレートでも全然気にならない品質が保たれる。実に圧縮効率の良いCodecである。
しかしW-ZERO3でのTCPMPの再生性能では、H.264 AVCはVGAサイズで15fpsしか出ない。VGAサイズで30fpsという再生条件にこだわるなら、残念ながらH.264の高圧縮率は諦めて、XvidやDivXで1Mbps前後のエンコードをするのがベストだと思われる。

TCPMPの難点は、操作系が良くないこと。レジュームがないから、動画を途中から見たいときは頭出しをする必要がある。早送り機能はあるが、MPEG4系のファイルの早送りはコマ送り以下で、あまり実用的ではない。結局、シークバーを操作して頭出しをするわけだが、あんまりシークバーをいじっていると、フリーズしたりもする。
もちろん理想はタイトル毎レジューム、せめて最後に観たタイトルのレジュームに対応してほしい。
それが搭載できない場合、こういった処理能力の高くない携帯機器では、Zaurusのmplayerのように、30秒進む/戻る、3秒進む/戻るぐらいの4つのキー操作ができれば、頭出しがしやすいのではないかと思う。

また、これはTCPMPの問題ではないのが、W-ZERO3のイヤホン端子は、携帯電話用のマイク付きヘッドフォン用の平型端子である。iPodで使っているヘッドフォン(ミニプラグ)に、変換アダプタを付けてW-ZERO3に使っているが、この変換アダプタの付け替えが面倒で、無くしそうなぐらい小さいのも不安である。まあこれは、あくまで電話機として売られているW-ZERO3の宿命といえよう。
posted by UMMO at 00:00| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯電話・PHS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。