2012年02月09日

電子ペーパー端末 iriver Story HD

電子ペーパー端末 iriver Story HDを入手した。
入手のための総費用は1万4000円程度。
日本で市販されていない端末を、この値段で、思い立ってからたった2日で入手できるのは素晴らしいな。

Story HDとKindle3の比較。それぞれ、端末の表示領域に最適なサイズに変換したpdfを表示している。
画面サイズは6両方とも6インチだが、Story HDは画面いっぱいまで表示できる。これは自炊コミックにはとても重要。

509268440.jpg


同じ6インチ電子ペーパーだが、KindleはSVGA解像度。Story HDはXGA解像度。
表示領域の違いも相まって、細かい絵の視認性がかなり違う。
特にONE PIECEみたいなゴチャゴチャした絵のマンガ自炊は、圧倒的にStory HDが読みやすい。

拡大写真を比較

Kindle3
509274993.jpg

Stor HD
509275210.jpg

Story HDなら、なんとか、しらほし姫の表情や麦わらの一味の区別が付く。
表示は圧倒的にStory HDが良い。

操作系は、Kindle3も良くはなかったが、Story HDは輪をかけて酷い。
頻度の高い操作である、サスペンド・カーソル移動・ページめくりがとてもやりにくい。
少なくとも、Kindleはそのへんはよく考えられている。

一方、Story HDは日本では販売されていないにもかかわらず、日本語メニューが入っているのは良い。
SDカードも使えるし、筐体もKindke3よりはほんの少し高級感もある。

外出先でiPadでマンガ読むのには抵抗感がある私には、現時点でベストな端末である。

posted by UMMO at 22:49| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | デジタル小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。