2006年08月27日

ロシア映画『太陽 The Sun』

終戦直後の昭和天皇の苦悩を描く“ロシア映画”『太陽 The Sun』
http://taiyo-movie.com/

観てきた。
座席は1/3程度埋まっていたようである。地味な映画の、川崎チネチッタの、平日夕方の回としては、こんなものかもしれない。カップルやオタクよりも、映画マニア風の人が多かったような。

ストーリーはこのへんを見ていただくとして、
http://www.cinematopics.com/cinema/works/output2.php?oid=7167

まずこの映画は、娯楽映画とはいえない。昨年上映されたドイツ映画『ヒトラー 〜最期の12日間〜』のようなのを期待してはいけない。天皇のプライベートの部分がメインであり、歴史映画とも言えない。まあ、実在の人物をモチーフにした芸術映画とでも言うべきか。

登場人物も場面転換も少ないこの映画では、とにかくイッセー尾形演じる昭和天皇の演技に尽きる。元々の無表情は崩さず、プライベート、パブリック、そして皇后と会う時と、それぞれ明らかに異なる印象を与える。我々が唯一目にできるパブリックな状況での振る舞いは、我々の記憶にある昭和天皇にかなり似ていたように思う(風貌そのものはあまり似ていないが)。
突発的で不可解な動作を交えながらも、神格と人間性、国と国民の行く末、皇室の将来について、ひたすら孤独に苦悩する様は、見ていて痛々しい。人間くさく苦悩したり悶絶したり恍惚としたり怒ったりする天皇を冒頭からひたすら見せられていると、最後に天皇が決断する人間宣言という不可思議な“宣言”を必要とする戦前の異様さ(現代の我々から見た異様さ)が際立ってくる。

天皇の苦悩を知りつつもあくまで臣下としての振る舞いを貫く侍従長や、クライマックスで登場する、天皇と苦悩を共有できる唯一の人物である皇后、自分の心を一切出さないように注意深く振る舞う天皇を『子供のようだ』としか受け取れないマッカーサーなど、脇役の演技も素晴らしい(こちらも、実際の人物にはあまり似ていないが)。

この映画は、有名な歴史上のイベントが再現されているわけでも無く、日本人が見ても、アメリカ人が見ても、カタルシスは少ない。そして日本人から見ても、天皇の苦悩を理解は出来ても、共感できるかというと難しい。
決して面白くないわけではないが、評価が難しい映画である。まあ、少なくとも日本やアメリカではない国であるロシアだからこそ作れた映画であることは間違いない。そしてこのような映画が、少ないとはいえ全国で上映できるようになった日本も、変わったものである(何しろまだ崩御から18年である)。

余談であるが、逆にロシア映画だからこそ感じた、妙な部分もある。全体的に、日本が舞台である感じが全然しない。特に皇居外の焼け野原の東京が、まるで終戦直後のベルリンである。ロシア人にとっては、破壊された都市というのはこういうイメージなんだろうか。
posted by UMMO at 03:35| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月05日

W-ZERO3でコミックや小説を読む

コミックおよび小説の画像データは、そのスキャンの方法や保存の方法によって、次の3通りのパターンがある。

(a) 全て単ページ(1ファイルあたり1ページの縦長の画像データ)
(b) 全て見開きページ(1ファイルあたり2ページの横長の画像データ)
(c) (a)と(b)の混在(見開きのコマがあるページは(b),それ以外のページは(a))

パソコンの画面でこれらのデータを閲覧するには、次のそれぞれ次の機能が必要になる。

(a):同時に2枚の画像を画面サイズに合わせて表示する→実際のコミックに近い表示になる(見開き表示)
(b):そのまま画面サイズに合わせて表示すれば実際のコミックに近い表示になる
(c):画像が縦長なら見開き表示、横長ならそのまま画面サイズに合わせて表示する自動見開き

mangameeya1.jpg

特に(c)に対応する機能を備えているか否かで、コミック閲覧の使い勝手が大幅に変わる。Windows用にしろMac用にしろ、コミック用ビューワーを名乗っているソフトは、ほんとはこの全ての機能を備えている。

-----

さてここからが本題であるが、PDA用のコミック用ビューワーとしては、先に書いたパソコン用のものとは違った機能が求められる。
PDAとパソコンの最大の違いは、表示画面のサイズと解像度である。PDAのように狭い画面で2ページの見開き表示にした場合、1ページがとても小さく表示される。VGA解像度でも、ネームの文字はほとんど読めない。

そこで、読むのに支障がない範囲で、できるだけ大きく読む工夫がいる。

[A] 1画面に1ページづつ表示する
…比較的コマが大きく文字も大きいマンガ(例:荒木飛呂彦)や、段組のない小説に向いている
[B] 1画面に1ページを拡大して表示する
…コマ割りが規則正しいマンガ(例:藤子不二雄)や文字が小さいマンガ(例:士郎正宗)、段組の小説に向いている

先に書いた(a)〜(c)のデータを、[A]または[B]の形式で表示する場合、どうすればいいのか。

まず[A]の形式であるが、(a)のデータはそのまま画面サイズに合わせて表示すればいいが、(b)のデータでは片側の部分のみを表示し、かつページ送りを行うと反対側の部分を表示するという機能が必要になる。(c)のデータでは、画像の形状によってこれらを自動切り替えできなければならない。

mangameeya2.jpg

次に[B]の形式であるが、(a)のデータは画面の最上部を拡大表示し、ページ送りによって下方向へパンすることになる。(b)のデータでは右上のみを表示し、かつページ送りを行うと右下・左上・左下の順に表示するという複雑な機能が必要になる。もちろん(c)のデータでは、画像の形状によってこれらを自動切り替えできなければならない。

mangameeya3.jpg

----

また、画像の表示方法とは異なる話になるが、圧縮アーカイブ対応もコミック用ビューワーには重要である。
一冊のコミックは数十〜数百枚の画像データがあり、これらをひとまとめに管理するには、ZIPやLZHなどの圧縮アーカイブが適している。だからといって、閲覧の度に解凍して画像データを取り出すのでは勝手が悪すぎる。従って、コミック用ビューワーが圧縮アーカイブの中の画像ファイルを直接閲覧できる必要がある。これはパソコン用、PDA用とも同様である。
一般的には、ZIP,RAR,LZHの3つの形式に対応していれば、問題ないはずである。

----

このように、PDAでコミックおよび小説の画像データを快適に閲覧するには、様々な機能が必要になる。しかし、処理性能が低く、開発環境も貧弱で、利用者も少ないPDAにおいては、そもそもコミックビューワーというプログラム自体が少ない。

Linux ZaurusではaBookReaderという秀逸なソフトが存在したが、(c)のデータを自動で切り替え表示する機能はまだ実装されておらず、RARやLZHも対応していなかった。

現時点で上記の全ての機能が実装されているのは、WindowsCE用のMangaMeeyaCEのみであり、このソフトによって、W-ZERO3はZaurusを越えた“携帯型電子コミックビューワー”となった。W-ZERO3に乗り換えた最大の理由の一つである。

※このように優れたコミック閲覧ソフトMangaMeeyaCEであるが、コードのライセンスの問題から、現在は配布を停止している。実に惜しいことである。公式サイトからのダウンロードは不可能になっているが、過去の書籍の付録や2chソフト板のマンガミーヤスレなどで示されるアップローダ等で過去のバージョンが入手可能である。
posted by UMMO at 00:00| 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 携帯電話・PHS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。